Menu

DNA検査

Home

【ホワイエ】のDNA検査とファスティング

DNA分析(肥満遺伝子・美容遺伝子)について

DNA分析(肥満遺伝子・美容遺伝子)について

ダイエットに取り組む中で、「あの人はこれで痩せたのに、私は痩せない。」「同じ量を食べているのに、私だけ太ってしまう…。」と感じたことはありませんか?
実は、親から受け継いだ遺伝子がみんな違っているので、同じことをしてもダイエットの効果が違うのは、当たり前の事なのです。

そこで当店では、自分の遺伝子を知った上で、より的確にダイエットに取り組むことを勧めています。DNAは、採取棒を口の中のほほの内側に当て、細胞を取ることで検査できます。それと生活習慣のアンケート結果により、今の身体を作っている要因を約20ページのレポートBOOKにしてお届け致します。そのレポートを元に管理栄養士がカウンセリング致します。

●先天的体質の6つの遺伝子

肥満・代謝に関わる3遺伝子(UCP1・B2-AR・B3-AR)
美容・エイジングに関わる3遺伝子(MMP1・SOD2・GPX1)の合計6遺伝子

●後天的体質

生活習慣に関わる34項目をチェックシートでお答えいただき管理栄養士監修のシステムで、データ化します。

お調べする6つのリスクについて(代謝・肥満に関する3つのDNA)

お調べする6つのリスクについて(代謝・肥満に関する3つのDNA)

肥満に関連する40種類以上の関連遺伝子が発見されていますがその中でも日本での研究が進んでいる体内エネルギー代謝を調整する役割のある3つの遺伝子を調べます。

脂質摂取リスク型

脂質摂取リスク型は皮下脂肪が蓄積しやすく下半身に悩みが多い体型の方です。日本人女性に特に多いタイプ。

糖質摂取リスク型

糖質の摂取で内臓脂肪が蓄積しやすくお腹周りを中心に上半身の悩みが多いタイプ。

エネルギー消費リスク型

エネルギー代謝は良いのですが一度太ってしまうと筋肉が少ないため痩せにくいタイプ。

お調べする6つのリスクについて(美容・エイジングに関する3つのDNA)

お調べする6つのリスクについて(代謝・肥満に関する3つのDNA)

美容とエイジングに影響すると言われている活性酸素の除去、過酸化脂質の除去に関する遺伝子、肌のハリ・弾力に関わるコラーゲン分解に関する遺伝子合計3つの遺伝子を調べます。

コラーゲン分解リスク型

コラーゲンの分解が促進しやすく肌弾力の低下やたるみなどエイジングが進みやすいタイプ。

活性酵素リスク型

活性酸素の除去が苦手なためシワができやすくお肌のエイジングが進みやすいタイプ。

過酸化脂質リスク型

過酸化脂質の除去が苦手なためシミ・クスミができやすくお肌のエイジングが進みやすいタイプ。

患者様から喜びの声を頂きました!

40代女性

肥満遺伝子に興味があって、検査してもらいました。
結果は、意外にもエネルギー消費型の遺伝子でした。
今までダイエットといえば食事制限をしていたのですが、私の場合は食事よりも筋肉を落とさないことが重要と分かりました。
意外な結果に驚きです。
今後のダイエットの参考になりました。